審美歯科

より美しく
より健康的な口元を目指す方へ

 

いだはいしゃでは審美歯科治療において審美性の追求はもちろん、機能性も重視しており ます。 お口や歯に対して、自信が持てずお悩みの方の咬み合わせや歯のかたちを整え、しっかり 咬める、管理・ケアがしやすいお口をづくりをしていきます。

 

メタルフリー治療

 

現在、日本の保険診療では被せ物のほとんどに金属が使用されています。 しかし保険で使用される金属の材質上、口の中で帯電したり、様々な刺激によって少しず つ接着剤が溶けていくことで、詰め物・被せ物が取れやすく、金属アレルギーの発生、歯 茎の黒ずみ、味覚障害、二次う蝕などを起こす可能性が高いです。当たり前のように使用 されていますが、多くの問題点を抱えています。

 

金属を使用せず、ノンメタルの素材(セラミックやジルコニアなど)を使って行う治療を メタルフリー治療と言います。 メタルフリー治療では金属を使用した治療で起きる問題も なく、さらに見た目も白く、天然歯に近い自然な仕上がりになります。

 

 

メタルフリーへの取り組み

メタル(金属)のつめ物が何故、平均7年でやり変えられているのか

 

あなたのお口の中には、歯医者さんでつめた銀歯が入っていませんか。 そしてその銀歯がとれた経験は、ありませんか? 残念なことに、保険でつめた銀歯は、5年~7年でやりかえられているという統計が出て います。

 

日本の保険治療で使用されている「銀歯」と言っているつめ物(インレー)やかぶせ物(ク ラウン)は、実は銀ではなく、金銀パラジウム合金です。

 

特にパラジウムは、金属アレルギーになりやすい物質です。 実はパラジウム合金や銀合金等の金属が、歯科材料で使用されているのは、先進国では日 本だけなのです。海外では、パラジウムは身体に良くないと広く認識されています。 また、年月を経て、お口の中で腐食するため、つめ物と歯との、すき間が出来やすくなり ます。そして金属は、歯より硬いため、咬耗して、かけた歯との段差が出来ます。 そのため、2次カリエス(ムシ歯)になりやすくなるのです。

 


合着と接着の違いについて

 

つめ物やかぶせ物につかわれているセラミックという材料をご存知でしょうか? 実はセラミックでは「接着」し、金属では「合着」という接合の違いがあります。 実は、保険で治療する金属は歯にはまっているだけで、歯と一体化している訳ではありま せん。セメントが歯と金属の間を埋めて、その摩擦力ではまっているだけなのです。 残念ですが、時間が経ってセメントが劣化し溶けてくると、隙間ができて金属がはがれてきます。歯との隙間に徐々に細菌が浸入し、2次カリエスという、新たな虫歯になること があります。なので、歯につめた金属は、平均約7年で問題が起こってしまいます。 それに対し、セラミックはレジンセメントを介し、歯と一体化するため、隙間から細菌が 浸入することがありません。 金属の『合着』には限界があり、虫歯の再発、金属アレルギーの発症など様々な不具合を 引き起こしてしまいます。

 

たしかに保険治療は、治療費を抑えることは出来ます。 しかし、銀歯での治療は、見た目だけでなく、アレルギーの問題、天然歯への影響、2次 う蝕(むし歯)の発生など、長い目で見れば、治療費も決して安くはありません。

 


いだはいしゃ では様々な歯科材料のつ めものやかぶせものを用意しています。 治療に関する情報を知り、十分な説明 を受ける権利が患者様にはあります。 そして提供される医療行為を自ら選択で きる権利もあります。 このため私たちは患者様自らの意志で 選んで頂ければと思っています。