顎関節歯科

顎が痛くて口を開けられない、、、

食事も痛くて満足にできない、、、

顎が”カクン””コキン”ってなるんだけど、、、

 

顎について気になる症状があれば何でもご相談ください。

 

顎の痛み、口を開けにくい、関節音がするといった症状は顎の関節や顎の筋肉の病気、 『顎関節症』です。

 

顎関節症の原因は主に、歯ぎしり、くいしばり、悪い歯並び、噛み合わせの異常、外傷、 姿勢の悪さ、ストレスなど様々あります。

 

いだはいしゃでは患者様がどのような症状か細かく検討し、どのような原因を持っている か調べ、早期に症状を和らげるマウスピースを用いたスプリント療法、開口訓練、マッサー ジ、薬物療法などの改善方法と、習慣や癖を修正する行動療法とを同時に並行していきま す。

 

マウスピースによる治療は、夜間睡眠中に使用する ことで夜間の無意識な歯ぎしり、くいしばりで生 じる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。 微調整を繰り返し、症状が改善された段階で、必 要であれば、被せ物や入れ歯などの噛み合わせの関係を治療して行きます。

 

顎関節症は、顎の痛みだけでなく、頭痛や肩こり などの症状、またどうもスッキリしない体の不調など全身に症状が及ぶこともあります。

 

 

院長である私は日本補綴歯科学会(認定医、指導医)の歯 学博士です。 咬合に精通し長年多くの患者様の不調を改善してきました。

 

お困りの方はなんでもお気軽にご相談ください。