予防歯科

今まで治療のために歯科医院に通っていました。

しかしだんだん歯が悪くなっているように思います、、、

あなたもこう思っていませんか?

 

歯の健康を維持していただくために『歯医者とは治療に行くところ』 これが今までの一般的な感覚かもしれません。 しかし、口腔内の健康、全身の健康を長く保って行くためには 定期的なメンテナンス、いわゆるケアが欠かせません。 いだはいしゃでは予防歯科、予防治療が最重要と考え ご年配の方からお子様までたくさんの患者様に通っていただいております。

 

できるならば、生涯ご自身の歯で健康に過ごしたいとお考えの方へ

 

1歯を失う原因の7割は「虫歯と歯周病」です。

 

まず、みなさんは歯を失う原因をお知 りでしょうか?歯を失う理由の7割以上 はこのグラフが示すように、虫歯と歯 周病といった感染による病気が占めて います。 つまり、虫歯や歯周病を防ぐことがで きれば歯を失うリスクがほとんどなく なり、 生涯をご自身の歯で健康に過ごすこと ができる可能性が高くなるのです。

 

 

2予防歯科 .メインテナンスの重要性
歯を失わないためにはどうしたらいいのでしょうか? 虫歯や歯周病の予防にはお口のメインテナンスが非常に重要です。 実際にスウェーデン、アメリカやイギリスと日本での 歯の定期検診(予防)受信と70歳の残存歯数をくらべてみましょう。

 

 

この表が示すように同じ先進国でも日本は歯の重要性、予防治療の認知度が低く悲しい結 果となっています。

 

 

虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが日本の70歳の方が平均 的に残っている歯の本数が約8本というデータからもご自宅での歯みがきだけでは限界が あるのです。

 

歯の健康維持・虫歯や歯周病の予防のためのメインテナンスを受けるために定期的に歯科 受診している人と、痛い時・何かトラブルがあった時のみ治療を受けている人とでは、生 涯を通して見た時の歯の本数に大きく差があることがわかります。

 

定期的にプロのスタッフによって機械的に歯石を取り除くことにより、虫歯や歯周病を予 防できます。プロの技術によって隅々まで痛みなく歯の表面を傷付けずに清掃します。

 

痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防 していきませんか?

 

ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。

 

 


ずっと自分の歯で過ごしたい・・・ と思うならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。
いだはいしゃ ではこの「虫歯や歯周病の予防にはメインテナンスが非常に重要」という 結果を真摯に受け止め、多くの患者様が安心・快適にメインテナンスにいらっしゃること ができるよう「技術」だけでなく、スタッフ一同コミュニケーションを大切にし、「知識 と気持ち」も最高であるように取り組んでいます。 また、痛みに対しても特に配慮するようにしています。「歯石を取る=痛い」というわけ ではありません。どうぞ安心してお任せください。

 

虫歯のある方・あった方も、歯周病でお悩みの方も これから10年後、20年後の歯に自信を持つことを一緒に考えましょう。 まずは定期検診に一度お越しください。 あなたのデンタルパートナーとして精一杯がんばります。

 

ご自身の歯を生涯残すことは決して不可能ではありません。
今のご自身の歯を守り続けるために一緒に頑張って見ませんか?